検索

Cresset社からFlare™ V5がリリースされました

Cresset社からFlare V5がリリースされました。

 創薬・分子設計のためのこの包括的なプラットフォームは、一層充実した科学計算手法を備え、リガンドベースおよび構造ベースアプローチを統合し、利便性を高める様々なGUI機能の改良が加えられました。


 Flare V5は従来LBDD (3D-QSAR)のプラットフォームであったForgeの機能を全て継承しています。またこれまでのFlareのSBDDの機能に新たな計算化学の方法が追加されました。

 そしてFlare V5に搭載された全ての機能はpython言語によりアクセスが可能ですのでユーザーがカスタムスクリプトを書くこともできます。記事の中では、本リリースで大きく機能が強化されたFlare V5の主な機能を紹介しています。


英文でのニュース記事を是非ご覧ください。

https://www.cresset-group.com/about/news/flare-v5-released/

Flare™ V5 released: Innovative science and synergy between ligand and structure-based methods

(Flare™ V5 リリース: 新しい科学とLBDD・SBDDの統合による相乗効果)


主な内容

・最新の3D-QSARモデル構築手法

・LBDDとSBDDの統合

・GISTによるバインディングポケット内の水の熱力学的解析

・活性予測精度向上のためのFEPの強化

・MDの高速化とダイナミックなインタラクションの可視化

・リガンドのバインディングポーズの予測

・Flare™ Python APIによるカスタマイズ