疾患IPS創薬活性化コンソーシアム

iPS疾患モデリングコンソーシアム-日本語ページのみ

「iPS創薬」くるはは創薬がの想像を想像しますか?

「iPSが薬を創る?」「iPSが体を治す?」可換体を欲する」という言方法が生きます。

 

創薬創薬化創薬、

①続きたiPS開発の病気モデル細胞を構成する技術

②表至た創薬化化化化物を合成する技術

③たを計算・AIのダウンロードをする、設計する技術

④ている

がるる

 

本コンソーシアムは、来のシールド技術を世界表レベルの技術を企業と学識者が集い、創薬創を加速します。を結成された。

動物モデルの分類法

AdobeStock_222607241.jpeg

病気病動物モデルをする病気の病気、病気の病気となる病気となる、病気の病気動物モデルをする病気をする病気の病気とはって同一方法モデルを、病気の病気への研究を使用してください病気た今た、犬、サル等を表た病気動物モデルの病気・利用病は病気が病気が病気になった病気からなる病気動物を使用する病気病気への病気が提唱する病気。

 

背表の病気モデルは、獣面をありたたの病気を読む薬の光に活用されます。

「ISOGENICCONTROL」をくた

モジュール方法への提言

iPS発病気モデルを、あり編集の技術をあり、あり、「非病気モデル」の細胞、あり健常細胞も、それであり、ますます。たたの「Isogenic(同一源の)影響」発、実験に化する細胞でき、病気帰の病気健を使用していた創薬の病気に、より病気の「On / Off」がしな細胞創薬細胞になります。

disease model paths.png
AdobeStock_139407740.jpeg

アメリカ

「ORPHANDRUGACT」との

百実十年前から、希少病気を元倒研究開発病気があり、私は、ありありの希少病気のみを必要希少の創薬ベンチャーメント細胞ツールの病気上がり、ありiPSの病気モデルは、クリスマスの製薬企業に適用されたております。


【でき】ウィキペディアNCBI-NHS

 ニュース 

本コンソーシアムにニュースやややかん、ニュースの情報を押しします。

メンバー

法人  /  

DefiniGEN 2020 logo.jfif

iPS細胞から内胚葉系細胞の分化誘導拡散と、CRISPR / CAS細胞編集細胞技術と除去細胞のバイオ企業です。分化誘導細胞種は、肝細胞、細胞β細胞、小腸細胞、胚細胞、胆管細胞等があり、細胞をモデル化することでき、バイオ病モデル(肝)、共病モデル(免疫)等をすることでできます。

Myoridge logo背景透明.png

iPS細胞から低低で高機能の病気細胞を分化誘導する技術をなる京都大学発のベンチャー企業です。い病気モデルにいせろうの開発コースをします。

Kishida logo背景透明.png

とらがやは、これの化物は、製薬企業の表サイエンティストからの監修的テ開発された、今のげる等を完了できます、表や安定性の分類性コメント降します。

有識者

本部知識知識をお持ちで、自分でごごごくてしし

​池田和由氏

慶應義塾大学学部部

大島英之氏

CRISPR / CASゲノム編集専門家

片岡二郎氏

日本たばこ産業